診察を通して鑑定

検査中

不妊の原因は男女に関係なく存在します

子供が欲しいのに、なかなかできないと言うカップルは、産婦人科に行って診察してもらいましょう。この場合には、夫婦が一緒に産婦人科で診察してもらう必要があります。なぜならば、不妊の原因は男女に関係なく存在している可能性があるからです。 女性の場合は、確かに男性に比べて複数の原因が考えられます。例えば、卵巣に異常があり排卵が起こらなかったり、卵管に炎症があって卵子が子宮までたどり着くことができなかったり、子宮内膜炎等で受精卵が子宮に着床できなかったりする場合があります。 しかし、男性にも精子に異常があって不妊症になってしまうことがあるのです。特に精子の数が減少していたり、活力が落ちていることがあるのです。

男性の不妊症には体外受精が利用できます

精子数が少なくて起こる男性の不妊症の場合では、どのような対応策があるのでしょうか。 実は、男性の不妊症には体外受精が利用できます。体外受精では、男性に精子が少なくても、1個の精子を使って卵子と受精させますから、受精卵を作ることができるのです。そして、受精卵は培養液の中で胚盤胞になるまで育てられることになるのです。 胚盤胞になった受精卵は女性の子宮内に移植され、うまく着床すれば妊娠したことになります。ですから、体外受精で子供を授かることができるのです。 体外受精には高度な技術が必要なため、実績豊富な産婦人科を選んで実施してもらう必要があります。そして今では、インターネットで成功率の高い産婦人科を見つけることができます。

© 2015 妊娠しやすい体になって赤ちゃんと出会おう【ママ専門の婦人科選び】. Allright reserved. Terms and Condition | Privacy Policy
このエントリーをはてなブックマークに追加